2017年12月13日

お掃除のプロがコツを伝授!水まわりの“キレイ”を保つ簡単テクニック

お気に入り(0

浴室の「お掃除ポイント」はココ!

毎日のシャワーがけ&換気が必須

汚れが溜まりやすい角まで、丁寧にシャワーがけを行うのがポイントです

汚れが溜まりやすい角まで、丁寧にシャワーがけを行うのがポイントです

毎日、お風呂から出た後には浴室全体のシャワーがけと換気が必須です。換気扇は少なくとも5時間はつけておいてほしいですね。「5時間も!?」と思われる方が多いですが、2時間ほどでは浴室の角の水がはけずに残ってしまいます。カビは、湿度の高い場所で皮脂や石鹸カスなどをエサにして発生するため、それを断ち切るための対策として毎日のシャワーがけが効果的なのです。

まずは、浴室の湿気を取り除くために、浴槽のお湯をすべて抜きます。お湯がすべてなくなってから、ゴム製のパッキンや浴室の角など、カビが生えやすい場所をめがけてシャワーがけするのがポイントです。初めに浴室全体にお湯をかけて、シャンプーや石鹸などのカスをお湯によって絶ちます。次に水に切り替えて全体にかけ、浴室の温度を下げます。シャワーがけが終わったら5時間ほど換気扇をかけましょう。

浴室の窓を開けて換気するのもいいですが、窓を開けている状態で換気扇も同時にかけるのはNGです。浴室内は、一定方向に流れて換気する設計になっているのですが、窓を開けることでその対流が乱れてしまい、かえって換気効率が悪くなってしまいます。そのため、換気扇を使用する場合は、窓もドアも締めてから使うようにしましょう。その逆で、窓を開けたい場合は換気扇を止めてくださいね。その際、浴室のドアは開けたままでも問題ありません。

お風呂から出るときにはミラーを拭くべし!

ミラーが曇る原因となるカルキ汚れや石鹸などのカス。身体を拭いたバスタオルでもいいので、お風呂上りなどに毎日水気を拭き取る習慣をつけるといいですね

ミラーが曇る原因となるカルキ汚れや石鹸などのカス。身体を拭いたバスタオルでもいいので、お風呂上りなどに毎日水気を拭き取る習慣をつけるといいですね

ミラーの汚れが気になるときは、お湯200ccにクエン酸(お酢)を小さじ1杯混ぜたものをスプレーボトルに入れ、ミラーに吹きかけてスポンジで洗ってみましょう。中性洗剤でもいいですが、クエン酸はカルキなどの白い汚れに効くので、頑固な汚れにはクエン酸の力を借りたほうが効率的です。それでも落ちない場合は、吹きかけた後に上からラップし、クエン酸が蒸発しないようにして10分ほど置きます。カルキを柔らかくしてからスポンジで落としましょう。

月イチでやってほしいお手入れ

髪の毛は溜まる前にこまめに取り除くのがポイント。それだけで不快なニオイや詰まりを防ぐことができます

髪の毛は溜まる前にこまめに取り除くのがポイント。それだけで不快なニオイや詰まりを防ぐことができます

排水口はニオイの原因になってしまうところなので、排水口のフタを外して、中性洗剤を含んだスポンジでキレイに洗いましょう。細かい箇所は使い古しの歯ブラシを使うと便利です。

浴室に限らず、排水口のヌメリには重曹とクエン酸(お酢)が効果的です。排水口のフタを外してから排水口のまわりに重曹をかけ、その上からクエン酸をかけるとシュワシュワとした炭酸ガスが発生します。炭酸ガスがヌメリなどの汚れを浮かせ、ニオイやヌメヌメしたピンク汚れも一緒に落としてくれます。重曹とクエン酸の量は、排水口のまわりを一回りする程度でOKです。

こんなときはどうすればいい?

毎日換気していてもシャンプーなどのボトル下がヌメヌメしている……

そんなときは、写真のようにボトル類を斜めに立てかけてみましょう。接地面が少ないことで乾燥しやすく、カビの発生を抑えることができます。

シャワーのお湯が一本だけ別の方向に……

白いカルキ汚れが詰まっている状態なので、外側(上から)歯ブラシで磨くといいでしょう。それでも改善しない場合は、竹串などを使って詰まっている汚れを取り除いてみましょう。

ヘアピンを放置してしまい、付着した赤サビが落ちない……

赤サビは一度付いてしまうと落としにくいのが特徴です。その際は、メラミンスポンジとクリームクレンザーなどを使って、削りながらサビを落としていく方法があります。それでも落ちない場合は、メーカーさんに依頼してメンテンナスしてもらいましょう。

教えてくれた人

クリナップテクノサービス株式会社 技術部門
田村 陽希(たむら はるき)

クリナップテクノサービス株式会社にて、独学で得たノウハウと経験をもとに、繁忙期は2週間に一度のペースでお掃除セミナーを開催。お手入れのコツを掲載した「ぴかぴか読本」でも監修を務めており、セミナーでは+αの知識を付け加えながら、わかりやすく丁寧な説明を心がけている。
「私、実はこの仕事を始めるまで一切お掃除をしたことがなかったんですよ(笑)。一日放っておいただけでイヤになってしまうので、『毎日拭くだけ』でだいぶラクになりますよ!ということを、そのコツとともにみなさんにお伝えしていきたいですね」

【撮影場所】
クリナップ・キッチンタウン・東京
【住所】
東京都新宿区西新宿3-2-11
新宿三井ビルディング2号館 1F

まとめ

毎日の家事に育児、仕事などで忙しく動き回る方が多い昨今、合間にできる手軽なテクニックがあると嬉しいですよね。今回ご紹介したのは、サッと拭くだけで''キレイ''が保てる簡単なものばかり。「まずはここから始めてみようかな」といった軽い気持ちで、大掃除にかける時間を賢く短縮してみましょう!

 

cleanupshowroom

この記事を見た方にオススメの記事