2018年03月20日

食材を使い切る「サルベージ料理」でフードロスを削減しよう!

お気に入り(0

03:買い物を見直そう!

食材を買い過ぎてしまう方、買い物に無駄がある方は、どうしてもフードロスしやすくなります。心当たりのある方は、以下の2つを試してみてくださいね。

事前にリストアップしたものだけを買う

面倒かもしれませんが、買い物に行く前に買うものをリストアップするのはおすすめです。メモ書きでもスマホのメモでもOK。ただメモするだけでなく、リストアップしたもの以外は買わないという姿勢が重要です。

特売や試食、実践販売など、スーパーには誘惑がたくさんありますが、誘惑に負けてはいけません! 関係のない売り場はスルーしてリストアップしたものだけを買って帰りましょう。

まとめ買いをやめてみる

近年は八百屋、魚屋・肉屋などの小売店が減ったこともあり、大型スーパーなどでまとめ買いする方が増えています。冷蔵庫のサイズも大型化しているので、1週間分の食材を週末にまとめ買いするといった方も多いのでは?

食材を買いに行く頻度は、家族構成やライフスタイル、スーパーまでの距離などによって違って当然ですが、フードロスを減らすには、できるだけまとめ買いを避けるのがポイント。こまめに買い物に行き、必要なものを必要な分だけ購入しましょう。

家族にとっての適正量を考えて買い物の頻度や買う量を見直すことで、無駄なく食材を消費できるサイクルを見つけてくださいね。

まとめ

野菜も果物も調味料も、買う前はお金でした。実は、食べ物を捨てるのはお金を捨てているのと同じことなんです。

あなたが今持っている1000円札が、明日になったら使えなくなる(お金としての価値がなくなる)という設定だったら、何としても今日中に消費しようとしますよね? お金だったら使い切るけど、形を変えて食材になってしまうと使い切ろうという意識が薄くなってしまいます。

「食材=お金」「食材を捨てる=お金を捨てる」という意識を持てれば、フードロスは減らせるはず。ご自宅の余り物、残り物を捨てる前に、「どうにかサルベージできないか?」考えてみてくださいね。

この記事を見た方にオススメの記事

11/12

今日は地始凍

七十二候・地始凍(ちはじめてこおる)。大地が凍り始め、霜が降りたりする季節。