ガスコンロのバーナーリングの焦げつきを落とす方法は?

外せる部分は、ビニール袋に入れて浸け置きを!

バーナーリングやバーナーキャップは、吹きこぼれなどがこびりつきがち。焦げつきが気になるときは、部品を外して浸け置きをしてみてください。

【浸け置きのやり方】

ゴミ袋用の大きなビニール袋か桶などにぬるま湯を入れ、台所用中性洗剤を溶かします。その中に取り外した部品を入れてひと晩浸けます。浸けておくことで汚れがゆるんで取れやすくなるので、スポンジなどでこすって落とします。

スポンジで落としにくい場合は、歯ブラシを使って落とすのもおすすめです。

この質問に回答したスタッフ

クリナップ株式会社CS部門
三沢 亮介

浸け置きした部品は、しっかり洗剤を落としてカラ拭きしてから元に戻しましょう!


このSmileAnswerは
ためになった(0)