食品の賞味期限切れをなくしたい! わかりやすく収納する方法はありますか?

「ストックローテーション」で管理してみましょう!

ストックローテーションとは、ストックする食品を一定量に保ち、「使ったら補充」を繰り返す方法です。ポイントは、同じ種類の食品を1か所にまとめることと、補充の仕方にあります。

【ストック食品の管理のポイント】

①同じ種類の食品を1か所にまとめて収納します。賞味期限の短いモノを手前にしまい、使うときは手前のモノを取り出すようにしましょう。

②ストック食品を買い足したら、新しいものは後ろに入れるようにしましょう。こうすることで、手前側から賞味期限の近い順に並べることができ、管理も楽になります。

収納する際は賞味期限が見えるように入れるのがベストですが、スペースの問題などで難しい場合は、マスキングテープなどに賞味期限を書き、パッケージの見えやすいところに貼っておくと管理がしやすくなりますよ。

この質問に回答したスタッフ

クリナップ株式会社CS部門
三沢 亮介

ストック食品をついつい購入しすぎてしまう……という方に、整理収納アドバイザー・岩佐弥生先生(株式会社アイギルド)からのアドバイスをご紹介します。

ストック食品が増えてしまいがちな方は、

①ストックする数を決める。

②収納場所を決めて、そこに入る分だけストックすると決める。

のいずれかの方法を試してみてください。ストックする量の目安を決めておくと管理が楽になるので、賞味期限切れの予防にもつながります。


このSmileAnswerは
ためになった(0)