ガスコンロとワークトップの隙間にゴミがたまります。

竹串を使ってお手入れしてください。

細かい隙間のお手入れには、竹串がおすすめです。パーツの素材を傷つけにくく、隙間に入り込んだ汚れをかき出すのに便利です。

ワークトップとガスコンロ(あるいはIHクッキングヒーター)本体の間には、構造上どうしても隙間ができてしまいます。中に汚れが入り込んでこびりつくと、固まって取れにくくなってしまうので、定期的にチェックしてお手入れをしてください。

この質問に回答したスタッフ

クリナップ株式会社 CS部門
三沢 亮介

機種によっては、トッププレートとトッププレート枠で構成されている仕様もあり、その隙間に汚れが入り込んでしまうものもあります。その際も竹串でお手入れしてみてください。


このSmileAnswerは
ためになった(0)