2019年03月13日

今どきシンクは掃除がしやすい!キッチンシンクの種類別口コミ集

お気に入り(0

いつのまにかきれいに! 「流レールシンク」の嬉しい効果

シンク内のゴミを排水口に流してくれる「流レール」を搭載した、掃除のしやすいシンク。実際に使っている方に聞いた「使い勝手」をご紹介します。オプション品の活用方法などもぜひご参考に!

【流レールシンク(ステンレス)】

「流レールシンクで掃除が楽になり、ゆとりができるようになりました。排水口の網カゴは、ゴミが取りやすいのでお手入れが簡単です。最初はうまく使うのにコツが必要だと感じましたが、使っているうちに自然と慣れました。掃除に手間がかからないので、時短にもつながっています」(山梨県Mさん)
「実際に使ってみて便利だと思ったのは、調理をしているときにシンク内にゴミが広がらないことです。それが、後片付けの簡単さにつながっているのだと思います」(東京都Tさん)
「流レールがゴミを排水口に流してくれるので、後片付けが簡単。排水口もシンクと一体成型で、清潔感がある」(千葉県Kさん)

【流レールシンク(アクリストン)】

「アクリストンの流レールシンクが、最高! インテリアに合うデザインが選べて大満足です。流レールで掃除がしやすいので、シンクをきれいに保てるようになりました」(石川県Mさん)
「シンクとワークトップの間に継ぎ目がないので、汚れや水アカがたまりにくく掃除のストレスがなくなりました」(山梨県Tさん)

【オプション品活用の口コミ】
「サポートプレートを排水口の逆側にセットし、排水口側を『洗い物スペース』に、サポートプレート側を『水切りスペース』にしています。排水口が角に配置されているこの構造のおかげで、自然とスペース分けができ、作業効率があがりました」(埼玉県Uさん)
「クリンコーナー(三角コーナー)は、『こまめに洗って清潔に保ちたい』と思い、2個購入しました。ふたつあると、片方を乾燥させている間も困らないので便利です」(大阪府Iさん)
「食洗機に入らないものを洗ったときは、サポートプレートを使って水切りをしています。バーミキュラの炊飯器などの重いものも置けます。水切りカゴがいらなくなり、キッチンがすっきりしました」(埼玉県Tさん)

シンクのお手入れ方法は、こちらをご覧ください!

「ステンレスに水アカを残したくない」「人工大理石に黄ばみ汚れがついてしまったら……?」とご心配の方のために、「Smile ANSWER+」ではシンクのお手入れのコツもご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください!

「Smile ANSWER+」でシンクのお手入れ方法を見る>>

ぜひ、実物も! こちらからお確かめください

今回ご紹介したシンクは、クリナップのショールームでご覧いただけます。「流レールシンク」の実演もしていますので、ぜひお近くのショールームで使い心地をお試しください!

cleanupshowroom

お近くのクリナップショールームを探す>>

この記事を見た方にオススメの記事

10/22

今日は図鑑の日

日本で最初に「図鑑」の名称を用いた『植物図鑑』初版発行日(1908年10月22日)にちなんで。