2019年03月13日

キッチンシンクの種類別レビュー。リフォームしてここがよかった!

お気に入り(0

水まわりをきれいに保つのは意外と大変……。ですが、リフォーム経験者の方にお話を伺うと、「シンクの掃除がしやすくなった」とのお声がよく聞かれます。今回は、そんな「いまどきのシンク」の秘密を探るべく、使っている方々のコメントをまとめました。シンク選びの参考に、ぜひご覧ください!

クリナップで選べるシンクのラインナップをご紹介!

【CENTROで選べるシンクの種類】

●クラフツマンデッキシンク

職人が一つひとつ手仕事でつくりあげる「クラフツマンシンク」。
こちらは、デッキ部が設けられたタイプです。デッキ部は、補助スペースとしてシンク横に設けられた部分のこと。作業台としてはもちろん、食器の水切りスペースとしても使えます。サポートプレートによって、作業スペースを2倍以上に拡げられるのも使いやすさの秘密です。

左:サポートプレートを活用した調理風景

左:サポートプレートを活用した調理風景

右:デッキ部は、1段低くなっているので掃除も簡単!

右:デッキ部は、1段低くなっているので掃除も簡単!

●クラフツマンシンク

「クラフツマンシンク」のデッキなしタイプです。スマートな直線デザインが、キッチン全体をすっきりと見せてくれます。クラフツマンシンクは、デッキのありなしにかかわらず、シンク全体や排水口部分、サポートプレートに、汚れが落としやすくなる特殊なコーティングが施されているので、きれいな状態が保ちやすくなっています。

●流レールシンク(ステンレス)

水栓から出る水の流れを利用し、シンク内のゴミを排水口に流してくれる「流レール」を搭載したシンクです。特殊なレール構造によって、調理中からきれいに保てるのが大きなポイント。シンクと排水口に継ぎ目がない点も、掃除のしやすさの理由のひとつです。

CENTRO

【ステディアで選べるシンクの種類】

●流レールシンク(ステンレス/アクリストン)
ステディアで選べるアクリストンシンクのブルーグレー

ステディアで選べるアクリストンシンクのブルーグレー

ステディアでは、従来のステンレスタイプに加え、人工大理石アクリストンの「流レールシンク」もラインナップに仲間入り。インテリアに合わせて選ぶ楽しさもありそうですね! 構造は、CENTROの「流レールシンク」と同様に、シンク内のゴミを排水口に流してくれる「流レール」が採用されています。次に紹介する「美・サイレントシンク」と同様の清掃性、静音性も兼ね備えています。

ステディアのアクリストンシンク。全5色のカラーバリエーション

ステディアのアクリストンシンク。全5色のカラーバリエーション

●美・サイレントシンク

シンク全体に、お手入れが簡単になる特殊コーティングを施したシンクです。制振構造で水はね音も抑えられるため、対面式のレイアウトでも気兼ねなく洗い物ができます。

STEDIA

【ラクエラで選べるシンクの種類】

ラクエラでは、「ステンレスシンク」「人工大理石アクリストンシンク(オプション)」「美・サイレントシンク(オプション)」の3種類のシンクをラインナップしています。

見た目も機能も最高級! 「クラフツマンシンク」を使いこなすコツ

職人が一つひとつ手仕事でつくりあげるオンリーワンの「クラフツマンシンク」には、「デッキ部」を設けたタイプと、デッキなしの2種類があります。使い勝手もデザイン性も考え抜かれたこのシンクの使い勝手とは? 実際に採用された皆さんの口コミをご紹介します。

【クラフツマンシンク】

【デッキあり】
「深さのあるシンクなので、水はねが気にならなくなりました。デッキ部で作業をすれば、まな板から流れる水がワークトップに広がることもなく、片付けも簡単です。見た目、機能ともに素晴らしいと思います」(東京都Aさん)
「作業スペースを広げられる『サポートプレート』は、シンクの中を隠すこともできるのでとっても便利です。友人を呼んでパーティーをするときなど、シンクの中を見せたくないときにも活躍します」(神奈川県Iさん)


【デッキなし】
「直線的でスマートなデザインが気に入っています。すっきりとしたこの形状のおかげで掃除がしやすく、きれいにするのに時間がかからなくなりました。排水口もステンレス製なので、掃除が楽です! また、シンクが広いので、使い終わった調理道具がワークトップ上に散乱することがなくなりました。毎日拭き掃除をしようと思えるほど、掃除に手間がかかりません」(千葉県Kさん)

この記事を見た方にオススメの記事

11/14

今日はアンチエイジングの日

「いい(11)とし(14)」の語呂合せから、NPO法人アンチエイジングネットワークが2007年制定。