2021年10月08日

ごはんがすすむ! ランチにぴったりの丼ものレシピ

お気に入り(0

新米の季節におすすめの丼ものレシピをご紹介! 風味豊かな「ごま」をアクセントに使ったアレンジレシピを、おうち時間のランチタイムにぜひお試しください。

豚肉と季節の野菜丼

材料(2人分)

豚スライス肉…150〜200g

塩・こしょう…各少々

しめじ…1/2パック

まいたけ…1/2パック

なす…1本

ごはん…適量

白ごま…適量

サラダ油…適量

 

[タレ]

醤油…大さじ1

酒…大さじ1

みりん…大さじ1

砂糖…小さじ1/2

おろししょうが…小さじ1/2

 

つくりかた

❶豚肉は食べやすい大きさに切り、軽く塩・こしょうをします。なすは食べやすい大きさに切ります。きのこも食べやすいよう小房に分けます。

❷タレの材料を混ぜ合わせておきます。

❸フライパンにサラダ油を入れて熱し、豚肉を炒めたら、取り出してタレをからめて漬けておきます。

❹同じフライパンでサラダ油を熱してなすときのこを炒め、③に合わせて味を染み込ませます。

❺丼にごはんを盛って④をのせ、白ごまをたっぷりかけます。

小えびの天かす丼

材料(2人分)

小えび…14〜16尾

いんげん…3〜4本

ごはん…適量

たまり醤油…適量

揚げ油…適量

 

[ごま天かす](つくりやすい分量)

薄力粉…1/2カップ

冷水…70〜80cc

卵黄…1個分

黒ごま…大さじ1

 

つくりかた

❶ごま天かすの材料をダマがないように混ぜ、一度にスプーン3杯ずつ高温の揚げ油に入れて色よく揚げ、油を切ります。

❷鍋に湯を沸かして酒少々(分量外)を加え、えびを茹でます。いんげんは塩茹でし、食べやすい大きさに切ります。

❸丼にごはんを盛ってえびといんげんをのせ、ごま天かすをかけ、たまり醤油をふりかけたら完成です。

食べやすいようにおにぎりにすれば、「簡単天むす」に。

★ごま天かすは冷凍保存が可能です。多めにつくっておくと、うどんなどのときにも活躍しますよ。

切りごまと青ゆずの混ぜ丼

材料(2人分)

油揚げ…適量

かつお節細切り…適量

金ごま…適量

青ゆず皮すりおろし…適量

ごはん…適量

醤油…適量

 

つくりかた

❶油抜きした油揚げをフライパンでカリカリに焼き、細切りにします。

❷まな板の上で金ごまを粗く刻んで「切りごま」をつくります。

❸炊きたてのごはんを丼に盛って①とかつお節、②、青ゆずの順にのせ、醤油をふって混ぜて食べます。

さっぱりごまアジ丼

材料(2人分)

アジ(刺身用)…大1尾 ★カンパチやブリなどでも。

白ごま…適量

 

[ごまダレ]

黒すりごま…大さじ1

醤油…大さじ3

みりん…小さじ2

だし汁…1/2カップ

 

[つけあわせ]

 わかめ・わさび・三つ葉…各適量

 

つくりかた

❶アジは3枚におろして酢(分量外)で洗い、皮をむいて小骨を除き、食べやすい大きさのそぎ切りにします。

❷ごまダレの材料をよく混ぜ合わせ、①と食べやすく切ったわかめを和えます。

❸丼にごはんを盛って②をのせ、白ごまをたっぷりかけ、三つ葉とわさびを添えます。

★おすすめアレンジ:薄味をつけただし汁をかければ、豪華なだし茶漬けに!

この記事でご紹介したレシピや料理のポイント、食材の分量は、料理研究家・谷島せい子先生監修のレシピです。

 

 

この記事を見た方にオススメの記事