2021年09月15日

食が進む! しらすの旨味たっぷりのアレンジレシピ

お気に入り(0

便利な手づくり調味料「しらすのガーリックオイル漬け」を使った、さまざまな料理にアレンジをご紹介します。そうめん、アヒージョ、チャーハンなど、しらすを味わう絶品レシピをお楽しみください!

しらすのガーリックオイル漬け

材料(つくりやすい分量)

釜揚げしらす…300g

にんにく…1株分

EXVオリーブオイル…3カップ

赤唐辛子…2本(内輪切り1本分)

ナンプラー(または塩、アンチョビ)…適宜

 

つくりかた

❶にんにくは皮をむいて芯を除き、みじん切りにします。

❷小鍋に①とオリーブオイルを入れて火にかけ、香りが立ったらしらすと赤唐辛子を加えます。

❸ひと煮立ちしたら味を見て、必要ならナンプラーなどで味をととのえます。

※粗熱が取れたら、清潔な保存瓶に入れて冷蔵庫で保存。10日を目安に使い切ります。冷凍保存も可能です。

そうめん ア・ラ・ケッカ

材料(2人分)

ミニトマト…200g(約20個)

はちみつ…小さじ1

塩・白こしょう…各少々

しらすのガーリックオイル漬け…大さじ3〜

そうめん…100g

青じそせん切り…適量

 

つくりかた

❶ミニトマトはヘタを除いて縦4等分に切り、はちみつ、塩、白こしょうでマリネし、10分ほど置きます。

❷そうめんを茹で、冷水でしめてしっかり水けを切ります。

❸①と②、しらすのガーリックオイル漬けを和えてお皿に盛り、青じそをのせます。お好みでさらにしらすをのせても。

しらすときのこのアヒージョ

材料(つくりやすい分量)

しいたけ・まいたけ・しめじ・エリンギ…各1/2パック

EXVオリーブオイル…1/4カップ

しらすのガーリックオイル漬け…1/2瓶

ナンプラー(または塩、アンチョビ)…適宜

 

つくりかた

❶きのこは石づきがあれば除き、食べやすい大きさに切ります。

❷小鍋にオリーブオイルを入れて火にかけ、きのこを加えて弱火で加熱します。

❸きのこがしんなりして火が通ったら、オイル漬けのオイルを加えます。

❹③がひと煮立ちしたらオイル漬けのしらすを加えます。味を見て、適宜ナンプラーなどでととのえます。

しらすチャーハン

材料(2人分)

しらすのガーリックオイル漬け(オイル…大さじ1/しらす…大さじ3)

卵黄…2個分

ごはん…茶碗3杯分(約300g)

万能ねぎ…3本

塩・白こしょう…各適量

 

つくりかた

❶万能ねぎは小口切りにし、緑の部分を少しトッピング用に取っておきます。

❷フライパンにオイル漬けのオイル(大さじ1)を入れて熱し、卵黄とごはんを加えて炒めます。

❸ごはんがパラパラになったら万能ねぎとしらすの半量を加えて炒め、塩・白こしょうで味をととのえます。

❹③をお皿に盛り、オイル漬けのしらすの残りをかけ、万能ねぎの残りを振ります。

しらすトマトサラダ

材料(2人分)

[ドレッシング]

しらすのガーリックオイル漬け…小さじ2

たまねぎのみじん切り…小さじ2

レモン汁…少々

ひきたて黒こしょう…少々

 

トマト輪切り…2枚(2cm厚さ)

バジルの葉…少々

ベビーリーフ…少々

レモン汁…少々

こしょう…少々

カットレモン…少々

 

つくりかた

❶ドレッシングの材料を混ぜます。

❷器にトマトを盛ってドレッシングをのせ、バジルの葉やベビーリーフを添えます。

❸レモン汁をまわしかけ、こしょうを振ってお好みでカットしたレモンを飾ったら完成です。

この記事でご紹介したレシピや料理のポイント、食材の分量は、料理研究家・谷島せい子先生監修のレシピです。

 

 

この記事を見た方にオススメの記事

12/2

今日はビフィズス菌の日

1899年の今日、フランスの小児科医アンリ・ティシェ氏がビフィズス菌の発見を発表。