2021年07月05日

ランチにおすすめ! トマト缶を活用したボリューム満点主食レシピ

お気に入り(0

ペンネやカレー、チーズ焼きなど、ランチにぴったりのレシピです。ベースは、トマト缶を煮詰めてつくるトマトソース。トマトの旨味が凝縮されたソースなので、カレーなどの定番料理もいつもとは違った味わいに。ぜひ、お試しください!

トマト缶でつくる簡単トマトソース

つくりかた

トマト缶を汁ごと鍋に入れ、フォークなどでトマトを潰しながら焦がさないように煮詰めます。全体の量が2/3程度になったら完成です。お好みで少量の塩や砂糖、酢で味を調えてもOK。

 

生のトマトでつくる場合は、ざく切りにして種ごと鍋に入れて煮ます。途中、ハンドミキサーかフードプロセッサーにかけるとなめらかな仕上がりになります。水分が多いので、缶詰のときより時間をかけて煮詰めましょう。

小分けにして冷凍しておけば、いつでも手軽に使えてとっても便利です!

ペンネ アラビアータ

材料(2人分)

ペンネ…160g

[A]

 エクストラバージンオリーブオイル…大さじ2〜4

 にんにくみじん切り…1片分

 赤唐辛子…1本

トマトソース…1カップ

ペンネの茹で汁…1/2カップ

パルミジャーノチーズ…適量

黒こしょう…お好みで適宜

バジルの葉…お好みで適宜

 

つくりかた

❶塩(分量外)を加えたたっぷりのお湯で、ペンネを表示通り茹でます。

❷フライパンにAを入れて火にかけ、香りがたったらトマトソースを加えます。

❸ペンネが茹で上がったらお湯をきって②に加え、茹で汁で味を調えます。

❹③をお皿に盛ってパルミジャーノチーズ、お好みで黒こしょうを振り、バジルの葉を添えたらできあがりです。

★トマトの旨味が凝縮されているので、ほんの少しの塩加減でOK。こしょうは、味を見ながらお好みで。

ほろほろチキンカレー

材料(つくりやすい分量)

たまねぎ…2個

サラダ油…大さじ2

おろし生姜…大1片分

おろしにんにく…大1片分

カレー粉…大さじ1

鶏手羽元…約500g

トマトソース…1カップ

無糖ヨーグルト…1/2カップ

水…1と1/2カップ

塩…小さじ1

こしょう…少々

ガラムマサラ…小さじ1

ごはん…適量

 

つくりかた

❶たまねぎは皮をむいて薄切りにします。サラダ油を熱した鍋で、焦がさないように弱火でじっくりアメ色になるまで炒めます。焦げつきそうな場合は、適宜サラダ油を足してください。

❷おろし生姜、おろしにんにく、カレー粉を①に加えて炒め、鶏肉、トマトソース、ヨーグルト、水を加えて弱火で1時間ほど煮込みます。

❸塩、こしょうで味を調え、仕上げにガラムマサラを加えます。

❹ごはんにかけて、めしあがれ。

なすと魚介のムサカ

材料(つくりやすい分量:直径13cmの耐熱ガラスボウル1個分)

なす…5個

サラダ油…適量

塩…少々

こしょう…少々

シーフードミックス…1袋(約170g)

バター…小さじ2

卵…1個

マヨネーズ…大さじ3

トマトソース…1カップ

溶けるチーズ…適量

 

つくりかた

❶なすはヘタを除いて5mmほどの斜め薄切りにします。多めの油で焼き、軽く塩とこしょうを振ります。

❷シーフードミックスはバターでサッと炒め、軽くこしょうを振ります。

❸卵とマヨネーズをよく混ぜ合わせておきます。

❹耐熱容器にバター(分量外)を薄く塗り、①、トマトソース、②、③の順に敷き詰め、何層か繰り返します。

❺最後にチーズをのせ、オーブンに入れてこんがり焼き色をつけたら完成です。

鶏だしのフォー

材料(2人分)

[スープ]

 チキンスープ…3カップ

 トマトソース…大さじ1

 ナンプラー…大さじ1

ライスヌードル…160g

トッピング(茹でた鶏肉、香菜など)…お好みの分量

粗挽き粒こしょう…お好みで適宜

ライム…お好みで適宜

 

つくりかた

❶[スープ]の材料を鍋に入れて温め、ナンプラーで味を整えます。

❷ライスヌードルを表示通りに茹でます。

❸②のお湯をきって器に入れ、スープを注ぎます。

❹③にトッピングをのせ、たっぷりの黒こしょうを振り、ライムを適宜絞ります。

 

【自家製チキンスープのつくりかた】

鶏の手羽先(3〜4本)を鍋に入れ、水1リットルを注ぎ、長ねぎの葉(1本分)と生姜スライス(2〜3枚)を加えて強火にかけます。沸騰したら弱火にして20分ほどアクを除きながら煮たら完成です。

この記事でご紹介したレシピや料理のポイント、食材の分量は、料理研究家・谷島せい子先生監修のレシピです。

 

 

この記事を見た方にオススメの記事

10/29

今日はてぶくろの日

語呂合わせと、素手で行う作業がつらくなり、手袋が欲しい季節になることから。