2020年05月15日

たまごが料理のアクセントに! アレンジ自由のたまご活用法

お気に入り(0

良質な動物性たんぱく質を含むたまご。目玉焼きやオムレツのようにたまごを主役にしたメニューだけでなく、料理のアクセントとして添えるのもおすすめ! 今回は、覚えておくと便利なたまごの活用法をご紹介します。

簡単! 電子レンジで温泉たまご

材料(つくりやすい分量)

たまご…1個

水…150cc

 

つくりかた

❶たまごをマグカップに割り入れ、黄身の2〜3か所をつま楊枝で突きます。

❷①へたまごがかぶるくらいの水(約150cc)を入れ、ふんわりラップをして電子レンジ(500W)で1分半ほど加熱します。

❸電子レンジから取り出し、マグカップからたまごをスプーンで静かにすくい出し、水気をきったらできあがりです。

★電子レンジの機種によって誤差がありますので、ワット数と時間を変えてお試しください。

★写真のようにカレーにトッピングしたり、焼きそばやチャーハンなどの主食に添えるのもおすすめです。また、トーストにのせたりサラダにトッピングするなど、和洋中問わず活用できます!

ゆでたまごのにんにく醤油漬け

材料(つくりやすい分量)

たまご…2個

にんにく…2片

[A]

 醤油…50cc

 酒・みりん・砂糖…各大さじ1/4

 

つくりかた

❶たまごを固めに茹でておきます。

❷にんにくは皮をむいてトースターで焼きます。

❸鍋にAを入れてひと煮立ちさせます。

❹①②③をあわせ、ひと晩漬けこみます。

★ラーメンのトッピングにおすすめ! お酒のおともにもぜひ!

おつまみにもうれしい! いかの黄身酢和え

材料(つくりやすい分量)

卵黄…2個分

いか(お刺身用)…60g

きゅうり…1本

砂糖…小さじ1

酢…大さじ2

塩…少々

 

つくりかた

❶いかを短冊切りにします。

❷沸騰したお湯に塩を入れて①をさっと茹で、ざるにあげます。

❸きゅうりは薄い半月切りにし、軽く塩もみします。

❹ボウルに卵黄と砂糖を入れ湯煎にかけ、砂糖が溶けてきたら酢を少しずつ加えながら混ぜ合わせ、黄身酢をつくります。

❺お皿にきゅうり、いかの順で盛りつけ、黄身酢をかけてどうぞ。

★タコやエビ、ブロッコリーなど、いろいろな食材でアレンジできるので、黄身酢を覚えておくととっても便利!

ゆでたまごのわさびマヨネーズ和え

材料(つくりやすい分量)

たまご…2個

きゅうり…1本

塩…適量

ラディッシュ…4〜5個

[A]

 マヨネーズ…大さじ4

 練りわさび…小さじ2〜3

 

つくりかた

❶たまごは固めに茹で、大きめの乱切りにします。

❷きゅうりは塩で板ずりし、洗って乱切りにします。

❸ラディッシュは洗って乱切りにします。

❹ボウルにAを入れてよく混ぜ、①②③を加えて和えたらできあがり!

★具材はお好みでどうぞ!

この記事でご紹介したレシピや料理のポイント、食材の分量は、クリナップ株式会社が発行しているお客さま向け生活情報誌『365c.(365 カラット)』編集部による試作時のものです。

この記事を見た方にオススメの記事

10/22

今日は図鑑の日

日本で最初に「図鑑」の名称を用いた『植物図鑑』初版発行日(1908年10月22日)にちなんで。