2019年12月11日

さつまいもの副菜レシピ。お弁当、おつまみにもぴったり!

お気に入り(0

さつまいもはビタミンCや食物繊維が豊富に含まれているので、美容効果も期待できる嬉しい食材。おいしいさつまいもの見極め方は、ふっくらした丸みと鮮やかな色がポイントなのだそう。寒さに弱いので、新聞紙に包んで冷暗所で保管しましょう。

さつまいものバターきんぴら

材料(つくりやすい分量)

さつまいも…100g

[A]砂糖…大さじ1/2・醤油…小さじ1・塩…少々

バター…10g

白ごま…少々

 

つくりかた

❶さつまいもを細長い棒状に切って水にさらした後、水気を切ります。

❷フライパンにバターをなじませ①を手早く炒め、しんなりしてきたらAを加えて炒りつけ、味がなじんできたらできあがりです。

❸器に盛りつけ、白ごまをふります。

さつまいもとレンコンの炒め物

材料(つくりやすい分量)

さつまいも…250g

れんこん…170g

油…大さじ3

砂糖…大さじ1

酢…大さじ1

醤油…大さじ2

白ごま…小さじ1

 

つくりかた

❶さつまいもとれんこんを5mmくらいの薄いイチョウ切りにします。

❷油をひいたフライパンにさつまいもを入れ、こんがり炒めて器に出します。

❸②のフライパンへまた少し油をひき、れんこんを入れて炒めます。

❹③のれんこんに火が通ったら②を戻し、砂糖、酢、醤油、白ごまを入れて調味し、全体に味をからませます。

いがぐりポテト

材料(つくりやすい分量)

さつまいも…180g

バター…30g

生クリーム…50g

小麦粉…30g

卵…1個

素麺…50g

揚げ油…適量

 

つくりかた

❶さつまいもを鍋で茹でて皮をむき、熱いうちにボウルに入れつぶします。

❷①にバターと生クリームを入れて練り合わせ、だんご状に丸めます。

❸②に小麦粉、溶き卵、細かく砕いた素麺を順につけていきます。

❹160℃くらいに熱した揚げ油で③を揚げたらできあがり。

★いがぐりのような形になり、お子さんのおやつにもおすすめです。

根菜と鶏もも肉のうま煮

材料(つくりやすい分量)

さつまいも…230g

だいこん…240g

にんじん…180g

鶏もも肉…250g

砂糖…大さじ3

醤油…大さじ3

酒…大さじ2

揚げ油…適量

 

つくりかた

❶さつまいもは、乱切りにして油で素揚げします。

❷だいこんとにんじんも乱切りにして、軽く下茹でしておきます。

❸鶏もも肉はひと口大に切り、フライパンで焼き目がつくくらい焼いておきます。

❹①②③を鍋で合わせて火にかけ、砂糖、醤油、酒で味をつけ、照りがつくように煮ます。まんべんなく味がついたらできあがりです。

この記事でご紹介したレシピや料理のポイント、食材の分量は、クリナップ株式会社が発行しているお客さま向け生活情報誌『365c.(365 カラット)』編集部による試作時のものです。

この記事を見た方にオススメの記事

7/10

今日は納豆の日

納豆には豊富なたんぱく質、ビタミン、ミネラルなど、様々な栄養素が含まれています。