2019年07月22日

とうもろこしの混ぜごはんがイチオシ! おかずレシピもご紹介中

お気に入り(0

やさしい甘さとぷちぷちとした食感が魅力のとうもろこしは、初夏に旬を迎える野菜のひとつ。そんな旬の味覚を、ごはんに混ぜたりおかずにしたり、いろいろな楽しみ方で味わってみてください!

カラフルなライスコーンサラダ

材料(つくりやすい分量)

とうもろこし…100g

ごはん…茶碗2杯分

ハム…2枚

プチトマト…8個

きゅうり…1本

パプリカ…1個

オリーブオイル…大さじ3

塩…少々

 

つくりかた

❶とうもろこしは茹でて実をはずし、そのほかの材料はサイコロ状に切ります。

❷ごはんに①を混ぜあわせ、オリーブオイルと塩で調味すればできあがりです!

★ごはんは、熱々より粗熱が取れたくらいで混ぜてください。

夏バテで食欲がないときでもさっぱり食べやすく、ビタミン補給もできます。

焼きとうもろこしのバター混ぜごはん

材料(つくりやすい分量)

米…2合

とうもろこし…200g

ハム…4枚

万能ねぎ…3本

醤油…大さじ3

バター…大さじ2

 

つくりかた

❶お米を洗っていつもの水加減で炊きます。

❷とうもろこしは茹でてからこんがりと焼き、実をはずして醤油をからめます。

❸ハムは小さな角切り、万能ねぎは小口切りにします。炊きたてのごはんに②を入れ、③とバターを加えてさっくりと混ぜ、器に盛ったらできあがりです。

とうもろこしのモチモチ豆腐焼き

材料(つくりやすい分量)

とうもろこし…80g

絹ごし豆腐…半丁

片栗粉…大さじ3

鶏ガラスープの素…小さじ1

塩・こしょう…各少々

ゴマ油…適量

 

つくりかた

❶とうもろこしは茹でて実をはずし、豆腐は水切りしておきます。

❷豆腐をつぶしながら、すべての材料と混ぜあわせて成形します。

❸フライパンにゴマ油を入れて熱し、②を両面焼きます。

★お弁当のおかずにもおすすめです!

とうもろこしのサモサ

材料(つくりやすい分量)

餃子の皮…20枚

[具]

 じゃがいも…3個

 とうもろこし…1/2カップ

 生姜…大さじ1

カレー粉…大さじ2

クミンシード…小さじ1/2

塩・こしょう…少々

油…大さじ1

 

つくりかた

❶じゃがいもは茹でてサイコロ状に、とうもろこしは茹でて実をはずし、生姜はすりおろします。

❷フライパンに油をひき、クミンシードを入れて弾けてきたら①とカレー粉を入れて炒め、塩・こしょうで味をととのえます。

❸②を餃子の皮に包み、190度の油できつね色に揚げます。

この記事でご紹介したレシピや料理のポイント、食材の分量は、クリナップ株式会社が発行しているお客さま向け生活情報誌『365c.(365 カラット)』編集部による試作時のものです。

この記事を見た方にオススメの記事

11/19

今日は世界トイレの日

世界のトイレを研究しているJack Sim氏が設立した世界トイレ機関が制定。