2018年03月23日

春のたまごレシピ【新商品CENTROレビューも!】

お気に入り(0

時短でおいしい、ポーチドエッグの親子丼

卵とじの親子丼だといっぺんにつくれませんが、ポーチドエッグなら複数を一度につくれるので時短に! 一見難しそうなポーチドエッグも、電子レンジを使えば簡単です。ポーチドエッグのつくり方は、親子丼レシピのあとにご紹介していますので、お見逃しなく!

 

【材料】(4人分)

鶏もも肉…1枚

[下味]

 塩・こしょう・小麦粉…少々

[調味液]

 醤油…大さじ3

 みりん…大さじ2

 砂糖…大さじ1

 酒…大さじ2

 水…1/2カップ

玉ねぎ…中1個

絹さや…適量

サラダ油…大さじ2

ごはん…適量

ポーチドエッグ…4個

七味唐辛子…適宜

 

【つくりかた】

❶鶏肉は食べやすい大きさのそぎ切りにし、軽く塩・こしょうして小麦粉をふります。玉ねぎは横半分に切り5mm幅にスライスし、絹さやは水洗いして筋を除きます。

❷鍋に玉ねぎと調味液を入れて火にかけ、玉ねぎがしんなりするまで煮ます。

❸フライパンにサラダ油を熱して鶏肉の表面を焼き、②に加えて煮ます。

❹鶏肉に火が通り、汁にとろみがついたら絹さやを加え、少し煮て火を止めます。

❺丼にご飯を盛って、④と中央にポーチドエッグをのせ、好みで七味唐辛子をふったらできあがりです。

電子レンジで簡単! ポーチドエッグのつくり方

室温に戻しておいた卵1個を耐熱容器に割り入れて水100cc強を注ぎます。

耐熱容器にはラップをせず、電子レンジ500Wで1分15秒ほど加熱するだけで、ポーチドエッグが完成!

卵の大きさや温度、電子レンジの種類によって固まり具合が異なるので、こまめに様子を見てください。まずは1分ほど加熱し、様子を見ながら加熱時間を調整するのがおすすめです。

クリナップの新しいキッチン「CENTRO」をレポート!

谷島先生にレシピを教えていただいたその日、「クリナップ・キッチンタウン・東京」には、今年2月に発売されたばかりの新しいシステムキッチン「CENTRO(セントロ)」がありました。せっかくなので、谷島先生にCENTROを使っていただき、その感想を伺いました。

クリナップの「技術の結晶」といわれるCENTRO。シンプルなデザインでありながら、いままでクリナップが培ってきた技術が詰め込まれた1台です。
CENTRO を初めて見た谷島先生はまずひと言、「かっこいいわね!」。そのかっこよさの秘密は、直線的なキューブ型のデザインです。今回新しく開発された「クラフツマンデッキシンク」も、そのデザイン性を担う重要な要素のひとつ。職人の手仕事によって、一つひとつ丁寧につくられる特別なシンクです。ステンレスの魅力ともいわれる「サビにくさ・耐熱性の高さ・お手入れのしやすさ」を活かし、さらに作業性を追求したこのシンクは、シンプルなつくりながら使いやすさの秘密がたくさん隠されています。

谷島先生は、このシンクの魅力を解説してくださいました。
「クリナップのキッチンはやっぱり使いやすい、と改めて実感しました。まず、シンクが深くできていて、水はねを気にせず洗い物ができます。また、シンク内が広いのに『流レールシンク』の機能はしっかり保たれていて、ゴミをすっきり流してくれるのもすごいですね。あと、シンクの横にあるステンレスの作業スペース(デッキ部)がとっても便利! 洗い終わった食器をここに置くこともできますし、パンなどの生地をつくるときにも使えるのでいいですね」

谷島先生お気に入りのデッキ部は、まるでシンクと一体成形したかのようにきれいに溶接されているので、「ちょっとした溝に汚れがたまってしまって掃除が大変!」なんてこともありません。作業スペースをさらに広げてくれるサポートプレートも、汚れやニオイが染み込みにくいステンレス製。お手入れが簡単なのも、CENTROの大きな魅力です。

広いシンクは食器などを洗いやすいのはもちろん、力を入れる作業をするときでも充分なスペースが確保でき、作業台としても使えます!

「先ほどつくったマヨネーズは力の入れやすい高さのシンクの底面を利用しましたが、これはシンクが清潔だからできること。排水口も端の方にあるので、余計に清潔感を感じますね」

CENTROの「かっこよさ」「使いやすさ」を実感してみたい!という方は、ぜひ、お近くのクリナップショールームへ。

この記事を見た方にオススメの記事

7/2

今日は半夏生

七十二候・半夏生(はんげしょう)2~6日ごろ。夏至から11日目に訪れる雑節のこと。