2018年03月23日

春のたまごレシピ【新商品CENTROレビューも!】

お気に入り(0

クリナップが発行する生活情報誌『365c.(365カラット)』で、毎号大人気の谷島せい子先生のレシピ。2018年3月23日発行の51号では「たまご」を使ったレシピを掲載しましたが、「おいしい暮らし研究所」では手順を追った解説画像とともにご紹介します!

特別編の今回は、谷島先生に「クリナップ・キッチンタウン・東京」にお越しいただき、それぞれのレシピのポイントをわかりやすく教えていただきました。ぜひ参考にしてみてください。
 

【谷島せい子】
料理研究家、ライフスタイルクリエーター。
専業主婦のときにフランス料理の一流シェフに習い、1975年から自宅でサロンをスタート。95年より料理教室「スタジオMOW」主宰。雑誌やテレビでも活躍するほか、料理店のメニューづくりにも携わる。2010年には、自身がプロデュースした飲食店「米祥」を東京・日本橋にオープン。クリナップの生活情報誌『365c.』では、レシピを毎号担当し、老若男女問わず人気が高い。

【5種のアレンジマヨネーズ】彩り野菜と蒸し鶏のオードブル

アレンジマヨネーズのレシピは、写真の上から順にご紹介しています。材料は、それぞれつくりやすい分量です。蒸し鶏や生野菜などのご家族が好きなものをお皿に盛って、アレンジマヨネーズにディップしてお召し上がりください。

「マヨネーズも手づくりをしたい!」という方におすすめの、生卵でつくるおいしい自家製マヨネーズのつくり方はアレンジレシピのあとで! ぜひお試しください。

 

【いちご】※以下の材料をミキサーで

マヨネーズ…1/2カップ

いちご…2~3個(30~50g)

塩・黒こしょう…各少々

 

【サルサベルデ入り】※以下の材料をミキサーで

マヨネーズ…1/2カップ

イタリアンパセリの葉…1本分

バジルの葉…1本分

玉ねぎ粗みじん切り…大さじ1

エクストラバージンオリーブオイル…大さじ2

レモン汁…大さじ1〜

おろしにんにく…少々

こしょう…少々

アンチョビまたは塩…少々

 

【和風味噌風味】※以下の材料を混ぜるだけ

マヨネーズ…1/2カップ

すりごま…小さじ1

味噌…小さじ1と1/2

黄辛子…小さじ1/3

醤油…少々

酢…少々

 

【カレー風味】※以下の材料を混ぜるだけ

マヨネーズ…1/2カップ

カレー粉…小さじ1~

粒マスタード…小さじ2

エクストラバージンオリーブオイル…大さじ4

レモン汁…大さじ1

こしょう…少々

 

【ツナソース】※以下の材料をミキサーで

マヨネーズ…1/2カップ

ツナ…小1缶(約70g)

レモン汁…大さじ1

にんにく…少々

塩・粒こしょう…各少々

いざというときに役立つ、自家製マヨネーズのつくり方

今回ご紹介しているのは泡立て器を使う方法ですが、ハンドブレンダーがあればより簡単につくることができます。

厳選した材料でつくるマヨネーズは、とっても安心! ぜひお試しください。

 

【材料】(つくりやすい分量)

卵黄…1個分

塩…小さじ1/2

こしょう…少々

溶き辛子…小さじ1/3

酢…大さじ1~2

サラダ油…1カップ

 

【つくりかた】

❶水気をよく拭き取ったボウルに酢とサラダ油以外の材料を入れ、泡立て器でよく混ぜます。

❷台の上にぬれ布巾を敷き、その上にボウルをのせて安定よく滑りにくいようにします。

❸泡立て器で混ぜながら、サラダ油をスプーンで少量ずつ糸のように垂らして加え、固まっていくのを確かめながら、サラダ油が1/4量入るまで続けて混ぜ合わせていきます。途中で固くなってきたら、その都度酢を少しずつ加えて伸ばします。

❹あとは、様子を見ながら残りのサラダ油を計量カップから加えていきます。

※特に泡立て器でつくる場合、シンクの中にボウルを置くなどして腰の高さで作業をすると、力が入りやすいのでおすすめです。

この記事を見た方にオススメの記事

9/23

今日は秋分の日

「祖先を敬い、亡くなった人を偲ぶ日」。前後三日間と今日は秋の彼岸。

会員メリット