2018年11月30日

【食の歳時記】12月の旬を感じる食材と料理

お気に入り(0

「季節を食べよう」

韓国風のぶりの照り焼きと、白菜の中華風常備菜。
ほんのひと手間でいつもと違う味わいが生まれます。
レシピ監修:管理栄養士・可野倫子先生

ぶりのコチュジャン漬け焼き

【材料】(2人分)

ぶり2切れ(120g)

かぶ1/2個(50g)

干し柿10g

サラダ油小さじ1

[A]

 コチュジャン…小さじ1

 砂糖…大さじ1

 醤油…小さじ2

 酒…小さじ2

[つけ合わせ用]

 ごま油…小さじ1

 酢…小さじ2

 塩…少々

 

【つくりかた】

❶Aを合わせて漬け汁をつくり、ぶりを5分程度漬けます。

❷フライパンにサラダ油を熱し、ぶりを両面焼き、最後に残ったAをぶりに絡ませ、皿に盛りつけたら、ぶりの漬け焼きはできあがり。

❸つけ合わせをつくります。かぶはいちょう切りにし、干し柿は細く切ります。ごま油、酢、塩で和え、ぶりの横にそえてめしあがれ。

★調理のポイント:漬け汁には漬けすぎないようにしましょう。

ラーパーツァイ(辣白菜)

【材料】(2人分)

白菜100g

小さじ1/3

少々

[A]

 赤とうがらし(輪切り)…1/2本

 砂糖大さじ1/2

 ごま油大さじ1/2

 酢大さじ1/2

 花山椒小さじ1

 

【つくりかた】

❶白菜は葉と茎に分け、葉は3cm幅、茎は縦5cmの長さに切ります。

❷①に塩をふり、よくもんでしんなりしたら水を切ります。

❸鍋にAと水を入れて温めます。

❹ボウルに②の白菜を入れ③を注ぎ、ラップをかぶせて上に重しをし、15分くらい漬けたらできあがりです。

★調理のポイント:常備菜、お弁当にも便利な一品なので、多めにつくっておくのもおすすめです。

このコンテンツは、キッチンを通じた楽しいふれあいの場づくりに貢献するために、食や暮らしに関する情報の収集、調査・分析を行っているクリナップの生活研究部門「おいしい暮らし研究所」が監修をしています。

この記事を見た方にオススメの記事

11/13

今日はうるしの日

日本漆工芸協会が制定。以前から漆関係者の祭日で、 親方が職人に酒などを配り労う日だった。