2018年10月01日

【食の歳時記】10月の旬を感じる食材と料理

お気に入り(0

「季節を食べよう」 (にんじんの辛子明太子和え ほか)

免疫力を高めてくれるカロテンたっぷりの「にんじんの辛子明太子和え」と、抗酸化作用のある「チンゲンサイのオイスターソース炒め」の2つのレシピをご紹介します。10月の旬の味を、ぜひご堪能ください。
レシピ監修:管理栄養士・可野倫子先生

にんじんの辛子明太子和え

【材料】(2人分)

にんじん…150g(1本)

辛子明太子…36g(大さじ2)

酒…大さじ1

水…大さじ1

 

【つくりかた】

❶にんじんは千切りにし、辛子明太子は皮を除きます。

❷耐熱皿に①と酒、水を入れて混ぜ合わせます。ラップを軽くかけ、電子レンジ(500W1分強)で加熱します。

❸器に盛りつけたら完成です!

★調理のポイント:電子レンジだけでつくれる一品です。電子レンジを使わない場合は、にんじんをサッと茹で、鍋に酒と辛子明太子を入れていり煮にします。にんじんの葉やパセリをあしらうと彩りがきれいです。

チンゲンサイのオイスターソース炒め

【材料】(2人分)

チンゲンサイ…100g(大1株)

ハム…40g(2枚)

しいたけ…30g(2枚)

しょうが…10g(1かけ)

ごま油…小さじ2

オイスターソース…小さじ2

酒…大さじ1

こしょう…少々

 

【つくりかた】

❶チンゲンサイは4cm位に切ります。ハムは短冊切り、しいたけはそぎ切りに、しょうがはみじん切りにします。

❷鍋にごま油を熱し、しょうがを炒めて香りがでたら、チンゲンサイの茎部、ハム、しいたけの順に炒めます。

❸②にチンゲンサイの葉を加えて炒め、オイスターソース、酒、こしょうで調味します。

★調理のポイント:食べる直前に一気に炒め合わせることがコツです!


 

 


 

 

『【歳時記】10月(神無月)ってどんな月?』を見る>>

 

このコンテンツは、キッチンを通じた楽しいふれあいの場づくりに貢献するために、食や暮らしに関する情報の収集、調査・分析を行っているクリナップの生活研究部門「おいしい暮らし研究所」が監修をしています。

この記事を見た方にオススメの記事

11/16

今日は幼稚園記念日

1876年、日本初の官立幼稚園 東京女子師範学校附属幼稚園(現 お茶の水女子大学附属幼稚園)開園。