2019年06月01日

【食の歳時記】6月の旬を感じる食材と料理

お気に入り(0

「季節を食べよう」( さやいんげんの信田巻き ほか)

お弁当のおかずにもおすすめの「さやいんげんの信田巻き」、梅ドレッシングでさっぱりおいしい、「初夏のオクラサラダ」の2つのレシピをご紹介します。
6月の旬の味を、ぜひご堪能ください。
レシピ監修:管理栄養士・可野倫子先生

さやいんげんの信田巻き

【材料】(2人分)

さやいんげん…60g(8本)

油揚げ…20g(1枚)

[A]

 だし汁…1と1/2カップ(300ml)

 みりん…大さじ1/2

 砂糖…大さじ1/2

 酒…大さじ1/2

 しょうゆ…大さじ1/2

 

【つくりかた】

❶油揚げは熱湯をかけ、3辺を切り開きます。

❷さやいんげんは、熱湯でさっと茹でます。

❸①に②を端から巻き、巻き終わりを楊枝でとめます。

❹Aと③を鍋に入れ、中火で15分ほど煮ます。食べやすい大きさに切って盛りつけたら完成です。

★調理のポイント: 信田巻きとは、油揚げで食材を巻いて煮る料理のひとつで、お弁当に最適です。さやいんげんのほか、鶏ひき肉やかまぼこ、にんじんなどでもおいしいです。

初夏のオクラサラダ

【材料】(2人分)

オクラ…40g(6本)

そら豆(さやつき)…100g(8本)

みょうが…60g(3個)

レタス…100g(3枚)

塩…適宜

[ドレッシング]

 サラダ油…大さじ3

 酢…大さじ1

 しょうゆ…大さじ1/2

 梅干し…10g(1個)

 ※梅干しはペースト状にしておきます。

 

【つくりかた】

❶そら豆はさやから出し、熱湯に塩を入れて1分ほど茹で、皮をむきます。

❷オクラは塩もみし、熱湯でさっと茹で冷水にさらし、水気を切ってから斜め切りにします。

❸みょうがは千切りにし、レタスはちぎっておきます。

❹ボウルにすべての材料を合わせ、ドレッシングで和えます。

★調理のポイント:初夏に旬を迎える野菜を、さっぱりと梅ドレッシングで! 

 

『【歳時記】6月(水無月)ってどんな月?』を見る>>

 

このコンテンツは、キッチンを通じた楽しいふれあいの場づくりに貢献するために、食や暮らしに関する情報の収集、調査・分析を行っているクリナップの生活研究部門「おいしい暮らし研究所」が監修をしています。

 

 

この記事を見た方にオススメの記事

11/13

今日はうるしの日

日本漆工芸協会が制定。以前から漆関係者の祭日で、 親方が職人に酒などを配り労う日だった。