2018年05月01日

【食の歳時記】5月の旬を感じる食材と料理

お気に入り(0

「季節を食べよう」(たらの芽の天ぷら ほか)

たんぱく質が豊富な「たらの芽の天ぷら」、抗酸化作用が期待できる「トマトのシンプルサラダ」の2つのレシピをご紹介します。
5月の旬の味を、ぜひご堪能ください。
レシピ監修:管理栄養士・可野倫子先生

たらの芽の天ぷら

【材料】(2人分)

たらの芽…30g(5〜6個)

揚げ油…適宜

塩…適宜

レモンなど

[衣]

 卵…50g(1個)

 冷水…適宜

 小麦粉…大さじ2

 

【つくりかた】

❶たらの芽の下処理をします。外側の皮を取り除きます。根元の部分は固いので、少し切り落として火が通りやすいように十文字に切り込みを入れます。

❷卵と冷水、小麦粉を合わせて衣をつくり、たらの芽につけます。

❸鍋に揚げ油を中温(170〜180℃)に熱し、②のたらの芽をくぐらせ、2〜3分揚げます。

❹お皿に盛りつけ、塩やレモンなどをお好みで添えたらできあがりです。

★調理のポイント:たらの芽は、香りがとぶので水洗いはしません。 汚れが気になる方は、湿らせたキッチンペーパーなどで拭き取りましょう。

トマトのシンプルサラダ

【材料】(2人分)

トマト…160g(1個)

たまねぎ(みじん切り)…50g(1/4個)

パセリ(みじん切り)…適宜

[A]

 オリーブオイル…大さじ2

 酢…大さじ1

 塩・こしょう…各少々

 

【つくりかた】

❶トマトを縦半分に切ります。切ったトマトを、それぞれ半月切りにします。

❷みじん切りにしたたまねぎとAを合わせます。

❸皿にトマトを盛りつけ②をかけ、パセリを散らしたらできあがりです。

★調理のポイント:パセリのほかに、バジルを散らすのもおすすめです。冷やしておけば、マリネとしていただけます。

 

『【歳時記】5月(皐月)ってどんな月?』を見る>>

 

このコンテンツは、キッチンを通じた楽しいふれあいの場づくりに貢献するために、食や暮らしに関する情報の収集、調査・分析を行っているクリナップの生活研究部門「おいしい暮らし研究所」が監修をしています。

この記事を見た方にオススメの記事

11/16

今日は幼稚園記念日

1876年、日本初の官立幼稚園 東京女子師範学校附属幼稚園(現 お茶の水女子大学附属幼稚園)開園。