2019年01月07日

【食の歳時記】1月の旬を感じる食材と料理

お気に入り(0

「季節を食べよう」

小松菜を使った和風のおかずと、和洋両方の味が楽しめるごぼうのおかずをご紹介します。
旬の食材の旨味をたっぷり味わえる、とっておきのレシピです!
レシピ監修:管理栄養士・可野倫子先生

小松菜と油揚げの炒め煮

【材料】(2人分)

小松菜…150g

油揚げ…1/3枚

ごま油…大さじ1/2

[A]

 だし汁…50ml

 みりん…小さじ1

 醤油…大さじ1

 砂糖…小さじ1

 

【つくりかた】

❶小松菜は根元を切り落とし、4〜5cmに切ります。

❷油揚げは熱湯をかけ、短冊切りにします。

❸鍋にごま油を熱し、①の茎を炒めます。しんなりしてきたら葉を強火で炒め、さらに油揚げを加えて炒めます。

❹③にAを入れ、中火で3分程度煮たらできあがりです。

★調理のポイント:小松菜は茹でずに油で炒めます。油と一緒に摂取することでβ-カロテンの吸収力がアップします。

ごぼうの唐揚げ(二色風味)

【材料】(2人分)

ごぼう…2/3本(60g)

かたくり粉…適宜

塩…少々

揚げ油…適宜

[トッピング]

 あおのり…少々

 カレー粉…少々

 

【つくりかた】

❶ごぼうはたわしでさっと洗い、斜め薄切りにします。

❷①の水気をキッチンペーパーでふき取り、かたくり粉をまぶします。

❸鍋に揚げ油を熱し、②を180℃で3〜4分程度揚げます。

❹器に盛り付け、お好みのトッピングをかけたらできあがりです。

★調理のポイント:ごぼうは二度揚げするとカリッとした歯ごたえになります。あおのり、カレー粉のほか、ごまなどとも合います。

このコンテンツは、キッチンを通じた楽しいふれあいの場づくりに貢献するために、食や暮らしに関する情報の収集、調査・分析を行っているクリナップの生活研究部門「おいしい暮らし研究所」が監修をしています。

 

この記事を見た方にオススメの記事

11/13

今日はうるしの日

日本漆工芸協会が制定。以前から漆関係者の祭日で、 親方が職人に酒などを配り労う日だった。