2018年02月07日

ワーママにおすすめ!暮らしの「時短」アイデア集

お気に入り(0

すべてのことに全力投球せず、適度に手抜きを!

暮らしにまつわる数々の時短アイデアを伝授してくれたえいちゃんママさんに、子育てとお仕事を両立するうえで心掛けていることをうかがったところ、こんなお答えが。
「すべてのことに対して全力だと疲れてしまうので、程々にするのがちょうどいいと思うんです。『いいお母さんでいよう』と思いすぎないようにしています。あとは、一人でカフェに行ってお茶を楽しんだりして、育児や仕事のことを忘れる時間を意図的に作り出していますね」

お子さんを保育園に預けていることを「かわいそう」だとは思わないようにしている、えいちゃんママさん。お子さんと離れる時間は、自身にとってもリフレッシュになるし、子どもは子どもで家庭以外での立場や他者とのかかわりについて学んでくれるといいます。

「子育てが大変なのは、ほんの一時期なのではないかと思っているんですよ。女性にとって、子育てをしながら働くことは生きがいになると考えています。自分が仕事を持っているおかげで夫にも感謝の気持ちを持てますしね」

えいちゃんママさんの一日のスケジュール

子煩悩で家事に協力的な夫、2歳の男の子とともに暮らすえいちゃんママさん

子煩悩で家事に協力的な夫、2歳の男の子とともに暮らすえいちゃんママさん

まとめ

「職場に育児への理解をしてもらうため、つねに謙虚な姿勢と周囲の人への感謝の気持ちを忘れないようにしている」と話すえいちゃんママさん。女性が多い職場で管理職にもなった今、「後輩が産休や育休を取りやすくなるよう、自分がお手本になりたい」と意気込みを語ってくれました。

「子どもを持っても仕事を続けたい」と頑張るワーママたち。家事に育児、そして仕事を頑張りながら、自分の時間も大切にできるワーママが増えれば素敵ですね。みなさんも時短アイデアを生かして、毎日を笑顔で過ごせるようにしませんか?

この記事を見た方にオススメの記事

8/19

今日はバイクの日

交通事故を防ぐため、若者へのバイクの安全運転教育を積極的に展開する日。

会員特典(8月の壁紙)