2017年12月22日

お互いの顔が見えるアイランドキッチンでストレスフリー【File.004】

お気に入り(0

今回お伺いしたのは、富士山にほど近い山梨県富士吉田市にお住まいの松本有佳さんのお宅。以前お住まいだったアパートでの経験をもとに考えられた新居のキッチンには、ご家族のことを想って取り入れられたこだわりが詰まっています。絶対にはずせないポイントを3つ決め、それをもとに全体をプランニングされたというキッチンは、子育てをするお母さん目線の役立つアイデアがたくさんありました。
 
 

この記事へのコメント・感想を投稿いただくと、抽選で『ポリ袋エコホルダー(ホワイト)』が当たるキャンペーンは2018年2月28日(水)で受付を終了いたしました。
※当選は賞品の発送をもって代えさせていただきます。

アイランドキッチンで、子どもが泣かなくなりました!

キッチンにいてもお子さんたちが見えるようにと考えられた、アイランド型のレイアウト。以前お住まいだったアパートのキッチンは独立型だったため、長男の大毅くんは有佳さんがキッチンに入ると、姿が見えない不安のために泣いてしまっていたのだそう。それなら、と大毅くんを抱っこして一緒にキッチンに入ってみても、薄暗い場所だったためか嫌がってしまい、有佳さんは夜中に片付けをされていました。それが、新居のアイランドキッチンでは、リビングからキッチンにいる有佳さんの顔が見えるので、一切泣かなくなったのだそう。「子どもが泣かなくなり、作業をしたいときにキッチンに立てるので、ストレスがなくなりましたね」と有佳さん。

アイランドキッチンにしてよかった、と有佳さんが思うポイントはもうひとつ。「子どもがキッチンに入ってきても、反対側からすっと追い出せます。油を使う料理や包丁を使うときは子どもがキッチンに居座ると危ないので、特に助かっています」と有佳さん。
またカウンターは、来客時に手元が見えず、かつ圧迫感を感じないようにと考えられています。「ちょうどいい高さで、カウンター越しの受け渡しもしやすく便利です」と有佳さん。

お子さんがいつでも入れるキッチンだからこそ気を遣ったのは、取手の形状でした。お子さんふたりが男の子ということもあり、キッチンで走っても危なくないようにと出っ張りのないライン取手に決められたのだそう。「子どものために選んだ取手ですが、見た目もすっきりしたので、このライン取手にして正解でした」

この記事に対するコメント

ゆーさん

アイランドキッチン、憧れです!うちも小さい子供がいるので、料理しながら子供の様子が見れると、子供も安心できるのでいいですよね。扉カラーの白も清潔感あって素敵です。次は私もIHにしたい…!中古住宅のリフォームを考えているので、ぜひ参考にさせていただきます。

しんちゃんさん

私の家でも2016年4月にキッチンをリフォームし、今はとても快適に料理と食事ができています。導入したのはSSシリーズですが、アイランドキッチンにしシリーズおそろいで壁面はガラス張り食器棚と収納カウンターを導入し、洗エールレンジフード、AI自動火力調整のガスコンロとセンサー自動水栓を使っています。料理と食事に必要なものが手近に全て収納できたので毎朝アイランドカウンターでスツールに腰掛けて食事を取っています。お互いの顔が見えるアイランドキッチンでストレスフリーは本当でアイランドの周りをフリー動線で動けて本当いいですよ。

みゆさん

今年新築予定のため、興味深く読ませていただきました。子どもたちとの楽しみや暮らしのことが考えられたキッチンで素敵だと思いました。旦那様が作られたマグネットの壁とても良いですね。冷蔵庫にベタベタ貼りたくないので私もこういう場所を設けたいと思いました。そして、ステンレス調の扉カラー憧れます‼︎高級感もあり掃除もしやすくとても羨ましいです。 先程登録したばかりなので、他の記事もこれから読ませていただきたいです。こだわりがいっぱい詰まったキッチンを見れるのが楽しみです。

この記事を見た方にオススメの記事

5/23

今日はチョコチップクッキーの日

「生地を練らずに切るように混ぜる」と、グルテンができずにサクサククッキーに仕上がるそう。

会員メリット
会員特典(5月の壁紙)