2018年02月07日

IHでガラリと変わった! キレイ好きさんに嬉しいクリーンなキッチン【File.007】

お気に入り(0

宮城県気仙沼。リアス式の海岸が続く一帯から少し離れた小高い丘の上に、今回訪問した川村拓子さんのお宅はあります。採光あふれるLDKに、新築を機に購入されたペアウッドアッシュのクリンレディが、インテリアによく映えているのが印象的でした。さて、新しくなったキッチンで川村さんの暮らしは、どう変わったのでしょう?

オール電化でIHデビュー。火元の心配がなくなりました

キッチンもさることながら、今までの暮らしとガラリと変わったのは「オール電化」になったこと。そのため、火まわりも以前のガスコンロからIHクッキングヒーターに変わりました。
「慣れるまで初めは少し時間がかかりましたが、慣れてくると使い勝手がよくて、掃除もしやすくていいですね。特に元栓を閉める必要がなくなったので、外出のときの不安がなくなりました」

「それと、IHの上の洗エールレンジフード。この自動洗浄機能も、とっても助かります」と拓子さん。およそ毎月一度のタイミングで出る洗浄サインのたびに欠かさずファンフィルターの自動洗浄を行い、フード内の拭き掃除も! さすが自他共に認めるキレイ好きの拓子さんです。

シンクに汚れが残らないから、毎日楽しい!

清掃性の面では、やはり流レールシンク。「毎日お手入れできる余裕が生まれた」といいます。
「以前は調理クズの処理で手いっぱいだったのが、調理中にゴミがどんどん排水口に流れていくので、その手間が省けます。サッとお手入れできるので、次の日までシンクに汚れを残さず済むようになりました」
シンクと継ぎ目のない一体形成の排水口と、油汚れを落ちやすくする美コート加工の効果で、お手入れがグンとラクになったようです。

この記事を見た方にオススメの記事

12/12

今日は明太子の日

韓国から到来し、日本発祥は山口県といわれる。パスタ、ごはん、じゃがいもなど炭水化物との相性ばっちり!

会員特典(12月の壁紙)