点火ボタンやツマミから手を放すとガスコンロの火が消えてしまいます。

立ち消え安全装置が作動しているものと思われます。立ち消え安全装置が炎をうまく感知できないと、手を離したとき安全装置が働いてガスを遮断してしまいます。

ガスバーナーのまわりに鉛筆の先のようなものが出ていると思いますので、先に汚れがついていないかを確認してください。
汚れている場合、軽い汚れであればやわらかい布などで拭き取り、汚れがこびりついている場合は、毛がやわらかい使い古しの歯ブラシなどで汚れを落としてください。

また、バーナーキャップがきちんとセットされていない可能性もありますので、正しくセットされているかも確認してください。
温度センサー付コンロをお使いの場合は、乾電池の残量が少ないことも考えられます。一度新しい乾電池に交換をお願いします。

この質問に回答したスタッフ

クリナップ株式会社 CS部門
三沢 亮介

乾電池を交換する際は、アルカリ電池(1.5V)をご使用ください。


このSmileAnswerは
ためになった(0)

4/22

今日は禁煙の日

愛煙家の皆さん! 今日だけは禁煙を頑張ってみては?

ゆびさきトングキャンペーン
会員特典(4月の壁紙)