排水口の形が複雑で掃除がしにくい! なぜこんな構造をしているの?

調理クズを流さず、臭気を抑えるためです。

※お使いのシンクによって排水口の形状は異なります。

排水口が複雑な形になっているのには、理由があります。
ひとつは「調理クズを一時的にためておく」ため。そのまま下水に流してしまうと河川の汚染にもつながりますので必要な機能です。
そしてもうひとつは、「排水管からの臭気を防止する」ため。そのため排水トラップ内には「封水」と呼ばれる水がたまる場所があります。この水により、臭気が部屋に拡散しないようになっているのです。

この質問に回答したスタッフ

クリナップ株式会社 CS部門
三沢 亮介

排水口からいやなニオイがするときの原因の多くは、排水管に滞っている汚れが考えられます。ニオイが気になるときは、排水口を止水キャップ等で塞ぎ、シンクに台所用中性洗剤を垂らしてぬるま湯をため、一気に流してみてくださいね。


このSmileAnswerは
ためになった(0)