グリルの焼き網に、魚の身がついてしまいます!

魚の水分を拭き取り、焼き始めに身を起こして。

焼き網に魚の身がひっついてしまうのは、身から染み出たタンパク質が、熱い網で固まることにより起きる現象です。このとき魚から出てくる水分が少ないほど、ひっつきも少なくなります。

特に冷凍の魚の場合は水分が出やすいので、きちんと解凍してから水分をしっかり拭き取った上で焼くようにしてください。
解凍の時間が足りない場合などは、焼き始めて身がひっつく前に、一度魚の身を起こすなどしてあげるとよいかと思います。

この質問に回答したスタッフ

クリナップ株式会社 CS部門
三沢 亮介

焼き始めて少し経過したら、菜箸を入れて身を起こすとひっつきにくくなります。

取り出すときも、下から起こしてあげましょう!


このSmileAnswerは
ためになった(0)

6/25

今日は住宅デー

1852年の今日、スペインの建築家 アントニオ・ガウディが誕生したことを記念したもの。

まな板キャンペーン
会員特典(6月の壁紙)