食器が増えて、しまう場所がありません!

使用頻度で収納物を振り分けましょう。

食器棚にしまっているものの中に、普段はほとんど使わないものがあったりはしませんか? もしかしたら、そういったものを整理すれば、案外まだまだ入るかもしれません。

たとえば、年に一度の土用の丑の日専用にしているどんぶりだとか、年末年始とお盆くらいしか帰省しないお子さんたちの食器とか。そういったものを、納戸があればそちらへ移動してしまいましょう。手が届きにくく、使われていない吊戸棚に入れてしまうのも手ですね。

収納の基本やテクニックについては、クリナップオンラインショッピングサイトの記事「キッチン収納基礎講座」もご参考いただけます。ぜひ、ご覧ください。

 

クリナップオンラインショッピング「キッチン収納基礎講座」を見る>>

この質問に回答したスタッフ

クリナップ株式会社 CS部門
三沢 亮介

季節ごとや年に1度、食器棚の中身を見直して、出番の少ないものは別の場所で保管してみるのも良いかもしれません。逆に、普段良く使うお気に入りのカップなどは、キッチンの引き出しに入れてみるのもおすすめ。開けるたびにウキウキする効果もありますよ。


このSmileAnswerは
ためになった(0)

11/18

今日は土木の日

土木学会、日本土木工業協会等が建設省(現在の国土交通省)の支援で1987年に制定。

会員特典(11月の壁紙)