2018年09月14日

おしゃれで機能的な最新のステンレスキッチン【STEDIA】(ステディア)

お気に入り(0

リビング・ダイニングにとけこむカフェスタイルプラン

インテリアに合わせて扉や収納棚のカラーをコーディネートする「カフェスタイルプラン」が新たに登場。
ディスプレイスペースが設けられた「カフェスタイル対面」では、リビング・ダイニング側にお気に入りのものをディスプレイして自分らしくアレンジができます。また、棚の内側にコンセントが付いているので、小型のスピーカーやフォトフレームを置くこともでき、インテリアの幅が広がりますね。

キャビネット内の色を4色から選べるなど、ご自宅のインテリアに合わせて選ぶことができるのも魅力のひとつ。ぜひ自分好みの収納スペースをつくってみてはいかがでしょうか。

クリナップ独自の収納構造で、出し入れを効率的に

効率的な収納を叶えるステディアのポイントは2つ。「ツールポケット」と「スライドボックス」です。
「ツールポケット」は、最も出し入れの多い調味料や料理器具を収納するためのスペース。「スライドボックス」は、取り出しやすい位置にものを重ねず、高さを分けて収納できるスペースです。

【ツールポケット】

上がコンロキャビネット、下がシンクキャビネットです。
「ツールポケット」は引出しの手前側20cmに設置されたスペースで、引出しを少し引いただけで「サッ」と出し入れできるのがポイント。コンロキャビネットは調味料やレードル類、片手鍋などを、シンクキャビネットは包丁やまな板、ラップなどのよく使うものの収納に適しています。

【スライドボックス】

こちらも、上がコンロキャビネット、下がシンクキャビネットです。
コンロキャビネットでは、最近よく使われる鋳物鍋など重さのある鍋を置いています。しゃがまずに鍋が取れるので、体への負担も少なくて済みますね。スライドボックスの下には、深さのある鍋も十分に収納ができるよう工夫されているので、背の高いものの収納も心配ありません。
シンクキャビネットには、ボウルやざる、キッチンスケールなどの調理道具が収納できます。引出し内の重ね置きを防げてきれいに収納できるので、収納物の出し入れがしやすく作業効率があがります。

おしゃれで効率的なステディアで、ぜひ楽しいキッチン生活を!

おしらせ

今回ご紹介したステディアについて、より詳しく知りたいという方は、ステディア紹介ページおよび、特設サイトをご覧ください。

STEDIA

システムキッチン『STEDIA(ステディア)』を詳しく見る>>

『STEDIA(ステディア)』特設サイトを見る>>

 

cleanupshowroom

この記事を見た方にオススメの記事

7/10

今日は納豆の日

納豆には豊富なたんぱく質、ビタミン、ミネラルなど、様々な栄養素が含まれています。