2018年08月29日

キッチンリフォームの基本 〜レイアウトの種類〜

お気に入り(0

造作対面式のレイアウト例

【造作対面 I型】
コンロの背面に壁を設け、作業台やシンクの背面にも手元を隠す壁を立ち上げたタイプ。開放性やコミュニケーションのしやすさを保ちつつ、「見せない」ことに配慮しています。

【造作対面 I型 吊戸棚あり】
吊戸棚をプラスすれば、収納力も独立性もアップ。開放感には欠けますが、ダイニングやリビングの様子もわかり、声をかけることも可能。調理の様子や片づけ途中のキッチンの様子をオープンにせずに済みます。

【造作対面 L型】
壁面を背にしてコンロを設置し、キッチンをL型に配置しています。ほどよい開放性があり、作業のしやすいプランです。

この記事を見た方にオススメの記事