2018年07月02日

ガスとIH、あなたはどっち派? 意外と知らないそれぞれの特性

お気に入り(0

キッチンに必須の加熱機器ですが、ガスコンロとIHクッキングヒーターのどちらにするか迷われる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、どちらを選ぶかお悩みの方のために、ガスとIHクッキングヒーターについて解説します! おすすめの機器もご紹介していますので、リフォームの参考にぜひ。TOP画像でご覧いただいた、ガスとIHクッキングヒーター両方を兼ね備えた最新機器情報もお見逃しなく!

ガスとIHの特徴と違い

おすすめの加熱機器をご紹介する前に、まずはガスコンロとIHクッキングヒーター(以下IH)の違いについて解説します。

ガスコンロでは、供給されるガスが燃えて発熱し、その熱を調理器具が受け食品に伝わります。鍋などを火にかけると、底だけでなく側面の温度も上がり、全体で熱することができるのもガスの特徴のひとつです。ガスコンロの場合は、コンロから調理器具を浮かせても加熱状態が続くため、中華鍋やフライパンなどを振る炒め料理に特に向いているといえます。

一方IHの場合、IHヒーターそのものは発熱しません。IHに電流が流れることで「磁力線」が発生し、それがガラストップを通じて鍋底に伝わり、鍋底が発熱する仕組みです。IHで使える鍋は、発熱素材でつくられているか発熱素材が組み込まれている必要があるため、使用できないものもあります。使用できる鍋の素材は、鉄やステンレスで、アルミや銅は使えません。アルミや銅の鍋も使えるオールメタルタイプのIHもありますが、少し値段が高くなります。
IHでは、鍋底で発熱が生じるため、加熱時間があまり長くなければ取手が熱くなりにくいという特徴もあります。
そして、なによりも一番のメリットは、掃除のしやすさと安全性です。吹きこぼれてもさっと拭けるのでお手入れが簡単。また、小さいお子さんがいるご家庭では、「火を使わないから安心して料理ができる」という声もたくさん寄せられています。

両方の機能についてご説明したところで、ガスとIHそれぞれのおすすめ機器をご紹介します!

おすすめのガスコンロ

ガラストップコンロ DELICIA(デリシア)

清掃性と本格調理にこだわった、最高級のガスコンロです。

グリル後方に搭載された専用バーナーが、グリル調理時に発生した煙やニオイを焼き切ってくれるため、排気口から出る煙やニオイが大幅にカットされます。LDKに置かれるキッチンには、うれしい機能ですね。

また、ダッチオーブン対応グリルなので、焼く・煮る・蒸すなどのオーブン料理が楽しめるのも魅力のひとつ。ご飯の温めや飴色の玉ねぎ、また鶏の丸焼きなど、ちょっとしたものから本格的な料理までつくれるので、活躍すること間違いなし!

グリル機能:水無両面焼き/オートグリル

ガラストップコンロ PROGRE(プログレ)

マルチグリル搭載でさまざまな料理ができ、さらにお手入れの手軽さが魅力の「PROGRE」。

焼き網の代わりに専用の「プレートパン(浅皿)」や「キャセロール(深皿)」を使って調理ができるマルチグリル。グリルを使って、焼く・煮る・蒸すなどの調理が可能です。また、プレートパンとキャセロールにはセラミックコートが施されているため汚れがこびりつきにくく、後片付けも簡単!

※キャセロールはオプションです。

グリル機能:水無両面焼き/オートグリル(マルチグリル)

 

山椒のアレンジレシピをご紹介した『シビレがくせになる山椒アイデアレシピ』の調理時に、PROGREを使ったサイト運営事務局スタッフたちも、使いやすさと掃除のしやすさを大絶賛! 特に、プレートパンが便利だったのだとか。

こちらの記事では、山椒の香りが食欲をそそる絶品レシピをご紹介していますので、ぜひご覧ください!

ガラストップコンロ LiSSe(リッセ)

グッドデザイン賞を受賞したこともあるこちらのモデルは、ムラなくこんがりとした焼き上がりが魅力の遠赤外線セラミックバーナー搭載モデル。

遠赤外線と直火でじっくり焼き上げるグリル料理は、「中はふっくら外はこんがり」と素材のおいしさを引き立ててくれます。また、煮こぼれなどによる焦げつきを防ぐヒートオフガラストップで、お掃除が簡単なのもガスにはうれしい機能ですね。

グリル機能:水無両面焼き/オートグリル

この記事を見た方にオススメの記事

9/21

今日はガトーショコラの日

フランス語でGâteau au chocolat(チョコレートケーキ)。本場は日本よりもっと甘い。

収納出し入れサービス