2019年09月18日

和風、イタリアン風、中華風! いわしのアレンジレシピで秋を感じよう

お気に入り(0

栄養価が高いだけでなく家計にも優しいいわしは、まさにいまの時期が旬! 脂がのっておいしいこの時期のいわしを、和洋中のアレンジでお楽しみください。

いわしの甘酢しょうが煮

材料(つくりやすい分量)

いわし…4尾

[煮汁]

 水…100cc

 酒…100cc

 みりん…大さじ2

 砂糖…大さじ2

 醤油…大さじ4

 甘酢しょうがの千切り…1袋(つけ汁も含む)

 

つくりかた

❶いわしは頭と内臓をとって水洗いし、水気を拭きとります。

❷鍋に煮汁を入れ、煮立ってきたら①を加えて15分ほど煮ます。煮詰まって、いわしによく味が染み込んだら器に盛ってください。

いわしの豆腐ハンバーグ

材料(2人分)

いわし…2尾

豆腐…1/2丁

たまご…1個

パン粉…1カップ

しょうが…1かけ

味噌…小さじ1

塩・こしょう…少々

 

つくりかた

❶いわしは頭や内臓、骨をとり細かくみじん切りに、豆腐は水切りします。

❷すりおろしたしょうがと①、すべての材料を混ぜあわせ、水気が多かったらパン粉を足してちょうどよい固さにします。

❸フライパンに油をひき、②の両面を焼いたらできあがりです。

★ソースは、醤油、みりん、酒、砂糖(+酢)の和風がおすすめです!

いわしの油淋鶏風

材料(つくりやすい分量)

いわし…4尾

パプリカ…1個

レタス…2枚

ねぎ…1/2本

塩・こしょう…少々

片栗粉…大さじ1

サラダ油…適量

 

[かけダレ]

 酢…大さじ1

 酒…大さじ1

 醤油…大さじ2

 みりん…大さじ2

 

つくりかた

❶いわしは頭や内臓をとり、塩・こしょう、片栗粉をまぶして油で揚げます。

❷みじん切りにしたパプリカとねぎを油で炒め、かけダレを加えて火が通ったら、少量の水で溶いた片栗粉(分量外)を加えてとろみをつけます。

❸器にレタスを敷いていわしをのせ、上から②をかけてどうぞ。

★かけダレににんにくをプラスすると、さらにコクが増します!

いわしのハーブパン粉焼き

材料(つくりやすい分量)

いわし…4尾

にんにく…1片

パセリ…10g

乾燥オレガノ…4g

パン粉…適量

オリーブオイル…適量

塩・こしょう…少々

 

つくりかた

❶いわしは開いて水気をとり、塩・こしょうをした後、刻んだにんにく、パセリ、乾燥オレガノ、パン粉を重ねてつけます。パン粉は、はがれないようにしっかりつけてください。

❷フライパンにオリーブオイルをひき、①を炒めます。

この記事でご紹介したレシピや料理のポイント、食材の分量は、クリナップ株式会社が発行しているお客さま向け生活情報誌『365c.(365 カラット)』編集部による試作時のものです。

この記事を見た方にオススメの記事

10/14

今日は鉄道の日

1872年9月12日(新暦10月14日)、日本で初の鉄道が、新橋~横浜間で開業した。