2018年09月07日

素材の味を楽しむ、簡単なすレシピ

お気に入り(0

夏野菜の代表格のなすですが、「秋なす」といわれるように、秋口の食前にも重宝する食材のひとつですね。今回は、なすをしっかり味わえる、素材の良さをいかしたレシピを集めました。簡単にできるものばかりなので、「時間がないけどもう一品おかずがほしい……」というときにもおすすめです。

焼きなすのピリ辛だれかけ

材料(つくりやすい分量)

なす…2本

しょうが(みじん切り)…大さじ2

小ねぎ…2本

ごま油…大さじ2

 

[A]

 酢…大さじ1

 醤油…大さじ1と1/2

 ラー油…小さじ1

 

つくりかた

❶なすはヘタを取り水で洗い、縦4等分に切って5分ほど水に浸けてから水をきり、水分をふきとってから皮に切り込みを入れます。

❷小ねぎは小口切りにします。

❸②としょうがとAを混ぜあわせ、ピリ辛だれをつくります。

❹フライパンにごま油をひき、なすがやわらかくなるまで焼きます。

❺器になすを盛り、③をかけたらできあがりです。

※ピリ辛だれは、ほかの食材にもよく合うのでおすすめです!

なすときゅうりのおかか和え

材料(つくりやすい分量)

なす…1本

きゅうり…1本

大葉…5枚

みょうが…1本

しょうが(みじん切り)…大さじ1

塩…小さじ1

かつおぶし…5g

だし醤油…大さじ2

七味…少々

 

つくりかた

❶なすときゅうりを縦半分に切ってからななめ薄切りにし、なすは5分ほど水に浸けます。

❷なすときゅうりそれぞれに塩を振って少々置いてから塩もみし、水分を手でしぼります。

❸大葉とみょうがは細切りにします。

❹②③としょうがを合わせ、だし醤油とかつおぶしを加えて和え、七味を振ればできあがり!

味噌かつお風味 なすの蒸し焼き

材料(つくりやすい分量)

なす…1本

味噌…大さじ1

みりん…大さじ1

砂糖…大さじ1

サラダ油…大さじ2

かつおぶし…少々

 

つくりかた

❶なすは縦半分に切り、皮目に格子状に切り込みを入れます。

❷①の水分をふきとって、油をひいたフライパンで両面を油がしみ込むよう色よく焼きます。

❸味噌、みりん、砂糖を混ぜあわせて②の皮目にのせ、もう一度フライパンに戻し、フタをして蒸し焼きにします。

❹味噌がよくなじんだら器に盛りつけ、かつおぶしをのせれば完成です。

※蒸し焼きにすることで旨みが閉じ込められて、よりおいしく仕上がります!

旨み凝縮! 蒸しなすのナムル

材料(つくりやすい分量)

なす…1本

 

[A]

 長ネギみじん切り…1/2本

 すり白ごま…大さじ1

 ごま油…大さじ1

 塩…小さじ1

 

つくりかた

❶なすはヘタを取り水で洗い、縦6等分に切ります。

❷蒸し器で①を蒸し、蒸しあがったら手でさらに縦に小さく割きます。

❸②の粗熱がとれたらAを混ぜあわせたタレで和えて調味します。

この記事でご紹介したレシピは、クリナップ株式会社が発行しているお客さま向け生活情報誌『365c.(365 カラット)』に掲載されたものです。
食材の分量は、『365c.』編集部による試作時のものです。

この記事を見た方にオススメの記事

5/27

今日は小松菜の日

カルシウムやビタミン豊富な優秀野菜。ベーコンやウインナーと炒めてお弁当にもぴったり。

会員特典(5月の壁紙)