2018年05月30日

ホクホクおいしい! じゃがいものほっこりレシピ

お気に入り(0

ビタミンCとB1、B6がたっぷり含まれているじゃがいもは、フランスでは「大地のりんご」と呼ばれているのだそう。カレーや煮物の具など、名脇役として欠かせないじゃがいもを、たまにはメイン料理で楽しんでみてはいかがでしょうか。手間をかけずにおいしいじゃがいもレシピを、ぜひお試しください!

じゃがいもごろり、石狩鍋風シチュー

●福島県/Kさん

 

材料(つくりやすい分量)★

じゃがいも…3個

玉ねぎ…1個

ブロッコリー…1/2個

コーン缶…70g

甘口塩鮭…2切

だし汁…600cc

牛乳…300cc

味噌…25g

バター…20g

塩・こしょう…少々

 

つくりかた

❶野菜と鮭をひと口大に切ります。

❷鍋にだし汁とじゃがいもを入れて5分ほど煮込み、鮭、玉ねぎ、ブロッコリーを入れて塩・こしゅおで調味し、やわらかくなるまで煮ます。

❸コーンと牛乳を加え、再びぐつぐつしてきたら最後に味噌とバターを入れ、味をととのえます。

グルテンフリー! じゃがいものチヂミ

●東京都/Oさん

 

材料(24cmフライパン1枚分)★

じゃがいも…2個

にら…1/2束(3〜4cm幅カット)

干し桜エビ…5g

卵…1個

塩・こしょう…少々

ごま油…大さじ2

 

つくりかた

❶すりおろしたじゃがいもをボウルに入れ、卵を加えてよくかき混ぜます。

❷①へ3〜4cmに切ったにら、桜エビを加えて塩・こしょうで味をととのえ、ごま油をひいたフライパンで両面がカリカリになるまで焼きます。

❸器にのせ、酢醤油あるいはマヨネーズ醤油など、お好みのタレでどうぞ!

※ビールのおつまみにおすすめです!

ボリュームたっぷり、じゃがいもの重ね煮

●静岡県/Nさん

 

材料(つくりやすい分量)★

じゃがいも…3個

玉ねぎ…1個

トマト…2個

バター…20g

塩・こしょう…少々

水(湯)…300cc

固形スープの素…10g

パセリ…少々

 

つくりかた

❶厚底鍋にバターを溶かし、薄切り玉ねぎ半量を平らに敷きます。そこへ2〜3mmの輪切りにしたじゃがいもとトマト、バターの半量をのせ、塩・こしょうをふります。

❷残りのが半量で①を繰り返します。

❸固形スープの素を湯で溶いて鍋に加え、煮汁が少し残る程後まで煮詰めます。

❹器に盛りつけ、刻んだパセリを散らします。

じゃがいもころも付き タラのトマトソース

●大阪府/Hさん

 

材料(2人分)★

じゃがいも…1個

タラ…2切

クレソン…少々

オリーブオイル…大さじ2

塩・こしょう…少々

小麦粉…少々

市販トマトソース缶…200g

 

つくりかた

❶タラは塩・こしょうして水気をふき、小麦粉をはたきます。

❷皮をむきスライサーで棒状にしたじゃがいもを、水にさらさずに①の全面に衣のようにつけて包みます。

❸フライパンにオリーブオイルをひいて、②を両面焦げ目がつくまでゆっくり、しっかり焼きます。

❹器に盛り、別鍋であたためたトマトソースをかけて完成です。

この記事でご紹介したレシピは、クリナップ株式会社が発行しているお客さま向け生活情報誌『365c.(365 カラット)』に掲載されたものです。
★が付いている食材は、『365c.』編集部による試作時の分量となります。

この記事を見た方にオススメの記事

11/18

今日は土木の日

土木学会、日本土木工業協会等が建設省(現在の国土交通省)の支援で1987年に制定。

会員特典(11月の壁紙)