2018年04月01日

【食の歳時記】4月の旬を感じる食材と料理

お気に入り(0

「季節を食べよう」(初鰹の洋風たたき ほか)

脳の活性化を促すEPAやDHAがたっぷりの初鰹を使った「初鰹の洋風たたき」、疲労回復にも効果が期待できる「アスパラガスの春色炒め」の2つのレシピをご紹介します。
4月の旬の味を、ぜひご堪能ください。
レシピ監修:管理栄養士・可野倫子先生

初鰹の洋風たたき

【材料】(2人分)

鰹…200g(1/2さく)

玉ねぎ…100g(1/2個)

バジル…適宜

レモン…30g(1/2個)

 

[A]

 オリーブオイル…大さじ1

 しょうゆ…大さじ1/2

 にんにく(すりおろし)…小さじ1

 

【つくりかた】

❶鰹は5mmの厚さに切り、Aを絡めて冷やしておきます。

❷玉ねぎは薄切りにしてから冷水にさらし、水を切っておきます。

❸皿に②を敷きつめ、そこに①を盛り付け、バジルとレモンを添えたら出来上がりです。

★調理のポイント:かつおに味を絡ませ、冷たくしておくのがポイントです。たっぷりの玉ねぎと一緒にどうぞ。

アスパラガスの春色炒め

【材料】(2人分)

アスパラガス…120g(4本)

小エビ(むき)…50g

溶き卵…50g(1個)

しょうが…10g

サラダ油…大さじ1

 

[A]

酒…小さじ1

塩・こしょう…各少々

サラダ油…大さじ1

かたくり粉…大さじ1/2

 

[B]

ガラスープの素…少々

湯…大さじ2

塩…少々

 

【つくりかた】

❶アスパラガスは根元を切り落とし、茎の下半分の皮をむいてから半分に切って、ラップに包み、電子レンジで加熱(500Wで1分半)して、さらに半分に切ります。

❷小エビは背ワタをとり、Aの調味料を絡ませておきます。

❸フライパンにサラダ油半量を熱し、溶き卵を軽く炒めて取り出します。

❹③のフライパンにサラダ油の残りを加え、みじん切りにしたしょうがを炒めて香りが出たら②を入れ、色が変わったら①を加えてBで調味します。

❺④に③の卵を炒め合わせたら出来上がりです。

★調理のポイント:お好みで、にんにくのみじんん切りを一緒に炒めてもおいしいです。

 

 

『【歳時記】4月(卯月)ってどんな月?』を見る>>

 

このコンテンツは、キッチンを通じた楽しいふれあいの場づくりに貢献するために、食や暮らしに関する情報の収集、調査・分析を行っているクリナップの生活研究部門「おいしい暮らし研究所」が監修をしています。

 

 

この記事を見た方にオススメの記事

2/29

今日は閏日(うるうび)

1年の日数が約365.24日のため、4年に1度、暦と季節のずれを補正する暦日。