2018年05月14日

『私のキッチン収納自慢』受賞者のお宅におじゃましました!②(滋賀県 田中さん)

お気に入り(0

各収納のご紹介

たっぷり入るコーナーワゴンはL型ならではの特権!

L型のキッチンといえば、必ず“角”が発生しますが“角”の収納ってなんとなく、使いづらそうなイメージ。
田中さんは、クリナップのワゴン式収納を選択され、隅々まで収納できることに大変感激されておりました。

左側

左側

右側

右側

ワゴンを取り出すと、さらに左右からスライドできるようになっていて、食材関係を主に収納。食品庫を持てるスペースがない間取りなので、このL型収納が食品庫代わりになっています。

※コーナーワゴンは商品や条件により、入れられない場合もございます。

お子様もお手伝い♪開け閉め簡単オートムーブシステム

ボタンを押すだけで、自動で昇降が出来るオートムーブシステム。
「私自身背が低いので、普段は調理器具などの水切りとして降ろしたまま使用していますが、お客さんが来る時は、上げるだけで全部見えなくなり、スッキリするのでとても便利です!『田中さん家のキッチン、とてもきれいですね!』と褒められるのがうれしいですね。」

また、一般的な吊戸棚は届かないけれど、オートムーブならお子様も使いやすく、すすんでお手伝いしてくれるので大変助かっているとのことでした。

こんなところにゴミ箱が? スッキリゴミワゴン

食洗機を入れるかゴミ箱と入れるか。両方を入れるとリビングのスペースが減るため、どちらかにするのは究極の選択だったという田中さん。

最終的にゴミ箱を選択され、代わりに据え置き型タイプの食洗機を家電量販店で購入して置いたそうです。

「ビルトイン食洗機の場合、メンテナンス時を考えると心配になったことと、やはりゴミ箱を置く場所を考えたら、L型だとどこにおいても丸見えなので、この選択は大正解でした。」

お子さんのお友達が来た時に、こんなところにゴミ箱があるの?とびっくりされたそう。

「ただ、ワゴン式はとても便利ですが、長年使っていると床に接触している分、摩耗もしてくるので何か対策を考えた方が良いかもしれないですね」というご意見もいただきました。

 

※現在のクリナップキッチンは、キッチン本体に組み込むタイプのゴミワゴンの販売がございません。ご了承ください。(背面の収納ではご用意がございます。)

 

仕切りをうまく活用!コンロキャビネット

もともと別の引出しについていた収納ポケットをコンロキャビネットの真ん中にもっていき、仕切り代わりに。中には落しぶたなどが入っていました。仕切りの手前には普段使いの鍋やフライパンを、仕切りの奥には普段はあまり使わないフライパンや鍋ふたを、左奥は鍋つかみや鍋敷きを。スッキリと収納されています。

この記事を見た方にオススメの記事

5/27

今日は小松菜の日

カルシウムやビタミン豊富な優秀野菜。ベーコンやウインナーと炒めてお弁当にもぴったり。

会員特典(5月の壁紙)